4月5日~6日「第43回全日本チンドンコンクール」【富山市・県庁前広場】その1

という事でございまして、囃子座優勝のご報告は、先に別記事にてさせていただいた通りでございます。
ここでは、囃子座を含めた、ちんどん通信社5チームの活躍ぶりをご覧いただきたく思います。

どの写真をご覧いただいてもお分かりのように、予選、本選両日とも好天に恵まれまして、本年で3年目となる富山県庁前広場の会場は、多くのお客さんで賑わいました。
全出場チーム30組がしのぎを削り、4年目となるトーナメント戦…今回の予選は、「各チームに割り与えられた、富山市(県)内にある企業を宣伝する」という形式で行われました。
ここ数年は「富山の名産、名物、名所、施設」などを織り込んだネタで競い合っていたのですが、それが、ちんどん屋らしく?お店(企業)のスポンサー宣伝コンクールとなりました。
実は、数年前までは、ずっとこの形式だったので、それが復活したって事です。

では、各チームの内容を、そのスポンサー名と合わせて、簡単にご紹介しましょう。
NOは、30組中のエントリーナンバーです。

NO6
【卯之丸:ぴんきー・井上・あき】
●アルビス(食品スーパー)

戦国時代、富山城主であった佐々成政と愛妾さゆりにまつわる伝説を、高品質の揃うアルビスに買い物に行くのは、成政がさゆりを想うが故のことという物語を、女性チームならではのタカラヅカ調 にアレンジ。
予選同点8位で抽選の結果、運も味方し決勝へ駒を進める。

NO15
【茶目丸:平林・高橋・風見花】
●大阪屋ショップ(スーパー)

初出場の風見花扮する花魁。
若衆の平林と高橋を供に連れ、向かう先は大阪屋ショップ…今晩の献立カレーライス の食材を買うための、花魁道中が…
予選10位であと一歩!

NO17
【玉之助:タマ・河村・寺井】
●ユニゾーン(金属メッキ加工)

身も心も錆び、尾羽打ち枯らした鞍馬天狗の下に現れたのは、メッキ加工ユニゾーンの従業員。その手にかかると、あっと言う間に「輝く53歳 」に大変身~
予選同点11位で、惜しかった~

NO22
【囃子座:林・小林・川口】
●大和デパート

囃子座は、おなじみの音曲漫才風の演芸ネタ…
登場して間もなく、小林が老女装 ?し、かつてのデパガだった、大阪チーム宿泊先の女将さん(これ実話)になり、林との妙なやりとりに会場は大爆笑!
予選3位で貫禄の予選通過。

NO30
【政丸:花田・瀬戸・内野】
●北日本新聞社

「アントニオ猪木のテーマ」で、猛々しく登場した政丸チーム。
しかし、勇猛さだけでは時代遅れで女性にモテない。高い教養と知識を身に付けるには、北日本新聞を読もう…ということで、政丸十八番の大仕掛けパラリ が、観客の度肝を抜きました。
予選2位で堂々の決勝進出。

活動フォト記録
ページトップに戻る